インプラントで映える欠けない歯|ストレーTOOTH

歯科

インプラントの歴史

インプラント歯科治療の歴史

歯医者

最我が国の「インプラント」治療の歴史は、30年以上になります。2000年以降になると、多くの歯科でインプラント治療が行なわれるようになりました。使用される材質が「チタン」になることで、急速に普及し発展してきたのです。インプラント治療が普及すると同時に、様々な情報が氾濫するようになっています。その中には、正しくない情報も含まれています。この最新歯科治療は厳しい手順の下、治療が行なわれます。失われた歯の治療方法として多くの方が選び、安全性も確立されている治療方法なのです。

「生活の質」を改善するために

近年、「歯」がもたらす「生活の質」の向上が注目されています。「生活の質」とは、生活の満足度を測るための指標として考えられたものです。歯科治療の現場でも用いられるようになり、「歯」の健康が生活の質を向上すると認められてきました。歯科治療は、1人1人が幸福感を得るためにも大きく関与しているのです。インプラント歯科治療は、この「生活の質」を向上させるために大きな役割を担っています。歯並びは、その人の第一印象を決めてしまうこともあります。「審美的な側面」と「機能的な側面」の両方を満たすことが出来る歯科治療が、インプラントなのです。「入れ歯」や「ブリッジ」治療等では得られなかったものを、この方法で手に入れられることが出来るのです。インプラント歯科治療は今後も広く普及し、多くの方が選択する治療方法となるでしょう。